無添加リフォームQ&A

湿気の多い部屋で良く壁にカビが生えるのですが、カビの生えにくい良い素材のものはないでしょうか?
カビは酸性のものに発生する特性があります。生えにくくするにはアルカリ性にする必要があります。アルカリ性の代表格としては、漆喰(しっくい)が挙げられます。
珪藻土も漆喰系でアルカリ性なので、カビが生えにくいです。
他にはINAXのエコカラットという呼吸するタイルは、現在の建材の中で最高の呼吸量なので、湿気そのものを少なくできます。
ただ、いずれの建材も、絶対に生えない訳ではありません。
普段から湿気が多く、換気量が不足していれば、カビは生えてしまいます。ファンヒーターで暖房している、加湿機を使っている、浴槽にフタをしない、水槽がある、換気しない、など同じ家でも住まい方の違いでカビが生えてしまうお家と全く生えないお家があります。
有害な化学物質が発生しやすい素材にはどういったものがあるのでしょうか?
接着剤や、その接着剤で張り合わせてつくられたベニヤなどが上げられます。
仕上げ材では合板フローリングも同様となります。
そのほか、一般的な新建材からも発生します。
安心した素材を使用しているとありますが、具体的にどういった素材を使用しているのでしょうか?
床であれば、無垢のフローリングをとなります。合板は一切使っておりません。また、壁や天井には、塗り壁材の珪藻土や土に還る壁紙材をお奨めしています。
接着剤において無添加リフォームで採用している「膠(にかわ)接着剤」は、100%自然素材で人体への影響もありません。
塗料・ワックスにおいては天然100%自然塗料(国産)、木酢液、柿渋液、ヒバ油など、天然素材の本来の効果を活かして、使っています。天然素材なので、美観も落ち着いた色を醸し出しますし、無垢材などの性質をそのまま活かせます。 無塗装の無垢材に子どもが舐めても安心な自然塗料、木が呼吸でき年とともに素敵な色や艶を出します。自然塗料は、溶剤にホワイトリカーなどや石油製品は含まれていません。石油=天然ということで、自然製品として取り扱っている有名なメーカーもございますのでご注意下さい。
ペットの暮らしも考えたリフォームもしてくれるのでしょうか?
ペットリフォームも行っています。ペットも家族も気持ちよく暮らせるお家創りを一緒に考えていきましょう。ペットも家族の一員ですよね。化学物質は床の下のほうに溜まりやすく、ペットや小さいお子さんは呼吸する高さが低いため、家の中の悪い環境部分に近いことになります。ペットや小さなお子さんがいるお宅は、健康や環境に配慮したリフォームをお奨めします。
シックハウス症候群という言葉を最近良く聞くのですが、シックハウス症候群というのは何でしょうか?
新築やリフォームをしたお家に入ると、涙が出る・肌が痒い・鼻水が止まらないなどの体調不良(お家を出ると治まる)の症状の総称です。床材や内装材、主に新建材から揮発される化学物質が原因と言われています。やっかいなのが、病院で診てもらっても病状が判明しないところです。新築のビルで働くビジネスマンに原因不明の体調不良が多発し、シックビルと名付けられた症状が由来です。同義語にシックスクールもあります。
壁に塗った珪藻土に傷がついた場合、補修はできるでしょうか。何か良い方法はありますか?
大きな傷は塗り直しになってしまうかもしれませんが、小さな傷なら簡単に補修が可能です。通常の材料の粉よりも粒子の細かい粉を壁の傷に入れて、霧吹きで水を与えだけで、たいていの傷は目立たなくなります。
大分古い木造住宅なので、建て替えとリフォームで悩んでいるのですが、どちらがいいのでしょうか?
古いお家だと耐震性や構造体にも不安がありますよね。
リフォームでも構造補強、耐震性を十分に高めることが可能です。さらには長期優良住宅の取得も可能です。
建売住宅と比べた場合に建替えをした方がお安いケースもありますが、注文住宅・注文建築のように、リフォームで自由に間取りを変えられるというメリットもございます。
今の壁紙を塗り壁に変更したいのですが、壁紙と塗り壁のメリットやデメリットについて教えていただけますか?
壁紙のメリットは安価であり、施工性がいいので大量に貼れます。デメリットは本物の質感ではないことと、静電気を帯びているので埃を寄せ付けやすくなります。
塗り壁のメリットは素材の質感をそのまま活かせることで様々なパターンが描けてデザイン性が向上することと、商品によって違いはありますが、調湿や脱臭などの呼吸機能が挙げられます。デメリットは性質上どうしてもヒビが入る可能性をゼロにできないことと、壁紙に比べ高価であることが挙げられます。塗り壁のヒビに関しては、簡易的に補修することも可能です。
床がとても冷たいのですが、無垢フローリングで床暖房にすることは出来ますでしょうか?
床暖房対応の無垢フローリングがあります。樹種にもよりますが、無垢のフローリングにするだけで冷たさを感じにくくなります。